夏の暑さ対策にはサプリメントを活用するのがお勧め

夏は暑い日が続くので倦怠感や疲労感などの体調不良が起こりやすくなるものですが、こうした夏の暑さによる体調不良を緩和して猛暑を乗り切るには、サプリメントを活用するのがお勧めです。たとえば、夏の暑さ対策にはにんにくが配合されたサプリメントが有効です。夏の暑さ対策ではビタミンB1が豊富な豚肉やうなぎなどをしっかり食べることが推奨されていますが、これはビタミンB1が糖の代謝をスムーズにしてエネルギー合成を活発にする働きを持っているためです。ところが、水溶性ビタミンであるビタミンB1は、たくさん食べても体内で利用されるのはほんの一部に過ぎず、その大半は使われずに排出されてしまいます。

にんにくに多く含まれているアリイン(アリシン)という成分には、体内でビタミンB1と結びついてアリチアミンという物質をつくる性質があります。アリチアミンは体内に長く留まって体内で不足しがちなビタミンB1を必要に応じて供給し、エネルギーの合成を助けてくれるので、夏の暑い時期でも夏バテしにくい身体をつくることに貢献してくれるのです。また、夏のだるさを改善するには、クエン酸が配合されたサプリメントを利用するのがお勧めです。レモンや梅干しなどの酸味のある食品に多く含まれるクエン酸は、エネルギーの合成を効率化するとともに、疲労物質である乳酸の分解を促してくれるので、暑さによる疲労感の回復を促す効果が期待できます。

このように、夏の暑さ対策にはエネルギー合成をスムーズにしするとともに、疲労回復を促進してくれるサプリメントが有効ですが、食事が十分に取れないときには、不足しがちなアミノ酸やビタミン、ミネラルのサプリメントを利用し、不足している栄養素を効率的に補給することも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です