自然葬のメリットとは

本来なら人が亡くなった場合はお墓に納骨をすることになります。そこから亡くなった人が遺された家族達を見守ってくれる、そこに行けば亡くなった人に自分達の元気な姿を見せることが出来る、という考えもあったことと思います。しかし昨今ではそのようなお墓への納骨をせず、自然の中に還りたいという願いから自然葬というものが生まれ、利用されています。例えば土の中に埋めて貰い、その上に木を植える樹木葬や、遺骨を海に散骨する海洋散骨がそれにあたります。

一応、樹木葬はその植えた木が墓標となりますが、海洋散骨は遺骨を海に撒くのでお墓や墓標は残らないという違いはあります。それぞれに費用がかかりますが、一からお墓を建てるよりは安いので、自然に還りたいという思いだけでなく遺族にお金の面で苦労をかけたくないという場合でも自然葬を利用することもあります。自然葬をする利点はお墓の費用だけでなく、そのお墓を後々継いでいく人が必要ないということです。つまり、頻繁に清掃しに行くこともありませんし、建て直すこともありません。

そして一番の利点は生前好きだった地に自分の遺骨を撒いて貰えるという心の安らぎを得ることです。海が好きなら海洋散骨、山や野原といった緑の溢れる地が好きだったなら樹木葬といった具合に、生前好きだった自然の中に還ることが出来るのですから、亡くなってしまうという恐怖や不安、後々遺された家族の心配なども吹き飛ぶことでしょう。自然の中に還り、自然と一体となれるのが自然葬なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です