樹木葬という自然葬の選択

自然葬とは読んで字のごとく、自然の成り行きに任せてご遺体を葬ることです。日本の場合、ご遺体のほとんどは火葬にされてお骨になり、埋葬されることになっています。亡くなった後のことは残された人が考えるべきという風潮もありましたが、現在では自分でその後のことを決めたいという願望が強くなってきたようです。現に、ここ数年で静かなブームとなっているのが、自分が死んだあとのことを自分で決め、生前に実施してしまうことです。

その一つが生前葬ですが、もう一つが自然葬です。特に、自然葬に関しては様々な問題が解消されることがあり、非常に人気が高くなっています。その代表格が、樹木葬です。葬儀が終わって火葬にした後、お骨と一緒に樹木の下に埋葬します。

樹木にはお骨と一緒に栄養剤を入れ、樹木の成長に影響がないようにします。この樹木葬ですが、人間よりも長く生育すること、季節によって咲かせる花が違うこと、また場所や地域、咲く花も選べることもあり、とても人気です。小さなお墓に入ることや、嫁ぎ先のお墓に入ることに抵抗があるという女性や、死後にこだわりがない人も増えてきたようです。さらに、樹木という前向きで明るいイメージが、亡くなった後も自分で決められる最後の選択肢ということもあります。

自治体が募集する樹木葬はとても人気があり、倍率が高く、申込みが殺到していることもニュースになりました。自然葬という形が一般的になるのも、もうすぐです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です